読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイロプラクターの日々

卒業したので改題

カイロプラクティックのアイデンティティ

実習が始まったころ、患者さんをケアしている時に何度も頭に浮かぶことがあった。

「あれ、これ今なにやってんだろう」って。

 

マッサージ、リハビリ、指圧、いったい何を学びにここににきて、今何をしてるんだろうって。

カイロってなんだったんだっけ って。

 

そんな悩みを、先輩の先生にうちあけると、こういってくださった。

 

「一言ではいえない、すごくいろんなことが言える、でも結論はわからないってことになると思う」

 

「日々の治療の中、常に考えて、常に答えを出し続けないといけない事柄だよ、それは」

 

「いつか正解がでるかもしれないけど、常に考えつづけることが大切な事柄なのかもしれないね」

 

 

長く臨床をされてる先生に言ってもらえて、少し肩の力は抜けた気がした。

 

正解でないけど、今の自分の、「カイロって何するの」はこれ

 

①主にアジャストメントを使用し、Ptに自身の体が変化する可能性を提示する

②その時Ptに必要な変化とそのプランを提示し、同意する。

③プランを実行、管理をする。

 

 

主にアジャストメント、ってところを除けば、施術一般に適用できるし、

主にアジャストメント、ってところにカイロ特色がでていて、良いと思ってる。

 

今は、これを念頭において、実習で患者さんに接したり、技術の勉強をしている。

 

じゃあ、アジャストってなんなんだろうってことになるんだけど、それはまた。