カイロプラクターの日々

卒業したので改題

次のために今に集中するということ

以前、テレビでプロの卓球選手がインタビューをうけていた。

 

「どうして、あんな速い球を打ち返しつつづけられるんですか?」

 

「来た球に対応しようとすると、できません。

だから、次うてる球がくるように、打ち返すんです。」

 

 

 

???

たぶんインタビュアーはわかってなかったと思う。

はぁ、という感じだったし。

 

 

最近、なんか分かる気がしてる。

 

相手が無限定状態でうってくる球には絶対対応できない。

だから、次うたれる球を制限するような球を打つ、ということなんだと思う。

 

今の打球がうてるかうてないかは、前段階できまってるということ。

 

この年になると、特にそれがわかってくる。

今来た打球にうまく対応できる可能性がもしあるとしても、それは若く体力がある

人にだけだと思う。そのあがきの中から、新しいものも生まれるわけですし。

 

でも、老齢だともうそうはいかない。のびしろがない。

今という強敵に、あがきという熱っぽい先延べは適用はできない

 

だめなものはだめ、死ぬときはしれっと死ぬ。そーゆーもんだと。

 

だから、そう、次のシチュエーションを自分のシチュエーションとするための

クールかつクレバーな一打をこころがけるのが、老齢者が「今を生きる」ための

命綱なんだと思う。

 

今に集中しろ、フォースとともに。 by クワイガン・ジン