読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイロプラクターの日々

卒業したので改題

専門職のコミュニケーション能力

自分の専門領域に対するアバウトな質問に対して答えるのって結構難しいです。 ITの仕事してるんですよね、昨日の夜からノートパソコンが急にインターネットに つながらないんですけど、何でですかね? ウィルスですかね? カイロの先生なんですよね、最近ボ…

卒業研究奇 第一部完

おれたちの闘いはこれからだ。 ということで、機器が完成しまして、その後データを順調にとり、 それらまとめて、なんとか論文を上梓しました。 とれたデータの一例としてはこんな感じです。 すべてのデータを総合した結論としては、 頚椎マニピュレーション…

卒業研究奇 死闘編 蘇る屍鬼

その後順調にマニピュレーションのデータを取得する中、自分の作った回帰式に疑いが。。。 omta.hatenablog.jp この記事で作った際、センサーは ボード直差しで、その後、実験しやすいように こうやってターミナルとワイヤーで延長して 最終的にこうなったん…

職業の社会的地位

カイロプラクティックという職業は社会的な地位を確立していないという話を聞くことがある。 たしかそうだが、日本で社会的地位が確立している職業のほうが少ないと思う。 そういった言葉は、経済的な文脈の中ででてくることが多いので、言葉そのままが問題…

卒業研究奇 死闘編完結 戦士の帰還

前回までで、ほしいデータを取得するための戦は終えた。 この開発における天王山は、つまり 「センサーを利用できるハードウエア構成とセンサーデータの取得とその解釈が可能なソフトウェア処理の実現」 である。 omta.hatenablog.jp あとは次の戦場に以降す…

卒業研究奇 死闘編 魁鬼屍鬼

前回、重さのサンプリングデータを涙ながらに作成したので、回帰式の推定です。 omta.hatenablog.jp 推定作業には、統計言語R を利用します。; これは、統計データ処理言語というか、処理環境というかとにかくスクリプトベースで データのハンドリングと各…

卒業研究奇 死闘編 未開凍土

前回の調査によって、 「センサー値を力に変換する公式な”式"がない」 という衝撃の事実を知ったわたしは、フテくされることなく未開の地を行く決心をした。未開の地のいいところは、どう行こうが誰も文句を言わないところだ。(強がり) omta.hatenablog.jp …

卒業研究奇 死闘編 変換地獄

前回まででとにかくセンサーから値をとりだせた。 omta.hatenablog.jp えっとこの値はなんだろう。ということで。(大変がんばって検索して)調べたところ。 spiデバイスからの応答、(だいたい)10bitでかえってくるそうです。つまり0-1023の間です。 でその値…

卒業研究奇 死闘編 工作迷路

Raspberry Pi側の設定が終わったので、残すは工作のみ。 iinpht.jeez.jp それはもう、ここをみてこのまま作ればいいわけで。 ‥‥ん。A/DコンバーターがMCP3002 で、私が買ったキットに付属してるのはMCP3008 。 でデータシートをみにいくと。3002が で、3008…

卒業研究奇 続暖機編

アナログ機器のコントロールには、Pythonでそれ用のライブラリ spi を使用する必要があるらしい。 ということで、その準備をする。以下もテックシェアストアからの引用です。 sudo apt-get update sudo apt-get upgrade 用心のためのRaspberry Pi の更新とア…

卒業研究奇 暖機編

数年ぶりのLinuxであるし、そもそもハードウェアコントロールや電子工作なんて初心者なので、購入したテックシェアストアのスターターキットに付属のチュートリアルにそって、とにかく動くものを作ることにする。(以下、テックシェアストアから引用) まず、…

卒業研究奇 設定編

ということでまずは、Raspberry Pi のセットアップ。やることは。 1. OSのインストール 2. ネットワーク設定 3. もろもろ環境設定 でそのあとにやっとセンサーうんぬんとなる。 1.OSのインストール Raspberry Piをモニターとキーボードなしで導入する(その1)…

卒業研究奇 購買編

前回リサーチで、ほぼ自分の研究が完成したと思った私は、学校と実習と仕事に存分に蹂躙されつくして年末を向かえた。 教官の先生からの圧が高まるつれ重い腰をあげ、部品の調達を行う。 Raspberry Pi3 Model B ボード&ケースセット 3ple Decker対応 (Eleme…

卒業研究奇 慢心編

卒業研究のお題を以下に決めました。 「胸椎アジャストメントの物理学的負荷の計測とその評価」 で、What の次は Howです。 イメージ、胸椎に体重計のせて、そこアジャストすればいいんじゃないかということで、さっそく調査(ネットサーフィン)を開始。 高額…

卒業研究奇 黎明編

2016年9月。最終学年も2学期を向かえ具体的になにをやるか決める必要があった。 自分なりに決めた方針は以下。 仮説を統計的に検証するような研究はしない。 でもせっかくなので、少し「カシコげ」な雰囲気は醸したい。 ということで、一年の時に拝見した当…

アジャストメント(その2)

ある夜、魔法使いは、シンデレラの前に現れ、その魔法で かぼちゃの馬車と綺麗なドレス、ガラスの靴を与える。 彼女は、それらを身にまとい、王子に会い、彼の心をひきつける。 ただそれは一夜かぎり、魔法はとけてすぐにみじめな生活に逆もどり。 でも、そ…

アジャストメント

入学当初 ボキッとやると「うぉおお、と人間の自然治癒力が活性化する」もの。 生理、解剖履修後: Ib抑制による亢進筋の抑制 実技練習後: 関節反射による関連筋の抑制 臨床実習後(今): 周辺の状態情報の中枢への更新要求 術者が自身アジャストメントをど…

言葉遣い

自分が何を提供する職業なのかと、最近自問自答することが多い。 その過程で、患者さんを治療する、という従来つかってきた言い回しに違和感がでてきた。 患者さん。。治療。。 治療ってそもそも、そんなことできるのかしら。 抗生物質や外科的な摘出じゃあ…

カイロプラクティックのアイデンティティ

実習が始まったころ、患者さんをケアしている時に何度も頭に浮かぶことがあった。 「あれ、これ今なにやってんだろう」って。 マッサージ、リハビリ、指圧、いったい何を学びにここににきて、今何をしてるんだろうって。 カイロってなんだったんだっけ って…

アウェアネス

カイロプラクティックにおける治療には、イネイトインテリジェンス(以下イネイト)というものが前提におかれる。 宇宙の英知(ユニバーサルインテリジェンス)が、個々の人間において発現しているものをいい、それによって、傷病を負っても人間は自らそれを癒す…

何をする人

カイロプラクティックは、患者さんが困っている症状を消失させることをサービスとして提供する職業ではない、という考えかたがある。 脊椎の機能を回復向上させその結果として症状の軽減消失に寄与する、ということ。 でも、患者さんは、通常、脊椎の機能を…